Blog

e飛伝Ⅲご利用時の注意点

e飛伝Ⅲに対応しました。配送マネージャーの佐川の設定画面にてⅡかⅢの選択が可能です。ご利用時には以下の注意点にご留意ください。

1.配送マネージャーの佐川の設定画面にて佐川飛伝Ⅲを選択した場合、出力するCSVフォーマットは佐川の管理画面上では『標準_飛脚宅急便_CSV_ヘッダ有り』に対応しています。CSVをアップロードの際、共通テンプレートを使用 >『標準_飛脚宅急便_CSV_ヘッダ有り』を選択してください。

2.商品名は自動的半角に変換されます、また商品名は16文字の文字数制限があります。

3.代引き金額を代引き金額のカラムに出力する場合はこちらの設定を参考にしてください。
支払い方法が代引きとマッチした場合、佐川シールマークにeコレクトを出力するように設定すれば、eコレクトの条件に該当した場合、代引き金額カラムに注文合計が出力されます。
※代引きがShopify管理画面にて「Cash on Delivery(COD)」でご登録されている場合がございます。キーワードを変更しお試しください。

4.佐川では指定日配達サービスシールと時間帯指定サービスシールどちらか1つしか出力できない仕様となっています。指定日配達サービスシールと時間帯指定サービスシールをシートに出力したい場合、こちらの設定を参照してください。こちらの設定をした場合、
日付指定があり、時間指定ない場合、ケアシール1に指定日配達サービスが出力されます。
時間指定がない場合、ケアシール1に指定日配達サービスが出力されます。
時間指定がある場合、ケアシール1に時間帯指定サービスシールが出力されます。

5.e飛伝Ⅲからダウンロードした追跡番号ファイルのフォーマットはe飛伝Ⅱと異なります。追跡番号反映時のフォーマットはこちらの内容のフォーマットとなります。

佐川の設定でe飛伝Ⅱのフォーマットを指定した場合:
出荷履歴ファイルの2行目から、1列目の追跡番号と13列目の注文IDを取り込みます。

佐川の設定でe飛伝Ⅲのフォーマットを指定した場合:
出荷履歴ファイルの2行目から、1列目の追跡番号と19列目の注文IDを取り込みます。